物件検索
物件検索
LINEで気軽に相談する
具体的な入居条件が固まっていない場合におすすめ!
友だち追加
Quick Links! / New Info!
閉じる

NEWS&BLOG

最新ニュース・ブログ更新情報

新築国際交流シェアハウスオープン記念イベント、大盛況の中閉幕しました!

3月21日にボーダレスハウス新宿方南町で開催された学生限定イベントが無事閉幕しました。
当日は雨天にも関わらず40名ほどの学生が集まり、様々な人生の選択をしてきた登壇者の話しに聞き入りました。お越し頂いた中には遠路はるばる福岡や奈良からお越し頂いた方や、高校生も!
お越しいただいた参加者の皆様、本当にありがとうございました。
「自分らしさを貫くという選択−「就職」か「独自の道」か。世界で活躍する先駆者たちの本音トーク−」というテーマで、
トークセッション、グループセッション、懇親会と盛りだくさんのイベントでした。
トークセッションの様子。大勢の学生さんが登壇者を囲みます。
「やりたいことにつま先でもいいから突っ込んでおいた方がいい」国際派フリーハガーの桑原功一氏。
「日本はどんなことがあっても食べてはいける恵まれた環境。それならやりたいことをやるリスクは本当に少ない」株式会社Good Try Japan代表取締役の中野修二氏
「高校生の頃の自分って最強だった。その頃と比べてエネルギー量が減ってきている気がする。だからやりたいことがあるなら小さいことでもすぐ行動をおこしたほうがいい!」慶應義塾大学大学院在学中の和田夏実氏
「みんなお金とか地位など”何を得るか”を考えがちだけど、”何を残すか”を軸に選択をしていけば、変に周りと比較せずにすむ」株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役の田口一成
「やりたいことをすぐやるべきか」「一度就職するべきか」という問いかけに対しては、3名の登壇者が「やりたいことをすぐやるべきか」と回答。ですが、
- 明確にやりたいことが決まっていて、それが「就職」で実現できるのであれば最高だよね
- やりたいことが明確に決まっていなくても興味のある業界で働いた経験は、自分の道を歩む時も絶対にアドバンテージになる
など、登壇者の経験を踏まえた具体的な話が出てきました。
5つのグループに分かれてのセッションの様子。参加者自ら「悩んでいる選択肢」「やりたいこと」を熱心に話す。
懇親会の様子。登壇者とだけでなく、学生同士も将来について自分の考えを語っています。
「多様な価値観に触れることができ、多様な価値観が認められる環境」それが多国籍シェアハウス、ボーダレスハウスの魅力です。
今後もボーダレスハウスは様々な方との繋がりを生み出していきたいと思います。
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
written byBORDERLESS HOUSE

  • 入居者メンバーページ
    LINEで気軽に相談する
    LINE友だち追加
    具体的な入居希望条件(エリアや予算、時期など)がある程度固まっている場合はお問い合わせフォームをお送りくださいますと、より深いご相談が可能です。
    閉じる