物件検索
物件検索
閉じる

NEWS&BLOG

最新ニュース・ブログ更新情報

国際交流シェアハウスの大運動会を開催!50人の大人がガチでバカする話。

皆さま!!!突然ですが、秋といえばなんでしょう!

食欲の秋!わかります。サンマと芋で過ごしたい季節です。

文化の秋!わかります。紫式部をしたためたい、そんな季節です。

実りの秋!農業体験遠足…楽しかったなあ…

いやいや、なんか忘れていませんか…?

そんなもんですか、そんなもんですかね秋といえば。

そんなわけない!あるじゃないのスポーツの秋!!!
ということで、最高に盛り上がったボーダレスハウス版オリンピックについてレポートしちゃいます!!

進行は相変わらずこのわたし!運動音痴といったらこの女、ブログ担当のYuyaです!

2020年はもう目前!その前にボーダレスハウスでオリンピック開催しちゃいました。

来年2020年は待ちに待った東京オリンピック!

ロゴもろパクり事件や、国立競技場工事間に合うのか問題、マスコットキャラクターのミライトワちゃんそんなにかわいくないかも(筆者偏見)、さらにはここにきてマラソンの札幌移転と開催までにたくさんのニュースで賑わいを見せています。

そんなに毎日毎日オリンピックって聞いてたらこちとら気分はもう待ちきれません。

なんなら出たい。我らがオリンピックしたい。

50か国以上の国籍の人がボーダレスハウスに住んでんならオリンピックできるんじゃね?ってことで!!

「さ・き・ば・し・り」

ボーダレスハウス版オリンピック、開催させていただきました!
参加者は50人、天気はびっくりするくらいの日本晴れ!最高の運動会日和です。

運営や企画のスタッフは全て入居者さん!?入居者目線だからこそのアットホームイベント!

今回のボーダレス版オリンピック、略してボーダリンピックは運営から企画までに10名以上の入居者さんがかかわり、昼夜問わず「大人が本気でバカになって、垣根を超えて仲良くなるには」をテーマにプログラムを考えてくれました。

スタッフだけで作り上げるイベントよりも、入居者さん目線で作るプログラムは住んでいるからこそ「こういう交流がしたい!」「これだったら言語関係楽しくできる!」という思いがダイレクトに反映されています。

ただのシェアハウスの運営会社ではなく、入居者さんと距離が近いボーダレスハウスだからこそ、スタッフ、入居者を超えたアットホームで最高に楽しい一日となりました。

ちなみに楽しみすぎて入居者スタッフのみんなが一番ガチな格好をしていたので、そちらの話も後ほど...

白熱の運動会プログラムは全部で8つ!運動会は日本にしかないらしい?

企画をしていくなかで、外国籍の入居者さんから「運動会ってなに??」との声が。

実は運動会や体育祭を学校行事として行うのは日本の学校だけなんだとか!

当たり前のように義務教育終了まで毎年のように運動会や体育祭をしていた日本人入居者さんや我らスタッフはびっくりでした。

これはせっかく海外から来てもらっている入居者さんに伝統的な運動会を楽しんでもらわねば!!

しかし、日本の人にもなつかしさの中に新しさを感じ、忘れられない一日にしてほしい…ってことであれもやりたい、これもやりたいと詰め込んでいたらいつのまにやら競技が8個も!?

しかもノンストップでやるので参加者の息は絶え絶え…
しかし最後までみんなの笑顔は輝いておりました。

そんな笑顔炸裂!汗きらめき!!な当日のプログラムとはいかに!!

まずはラジオ体操。待って!自由演技の時間じゃないよ!?

運動をするにあたって、まずはけがをしないように準備体操から!

ということでやはりこれは欠かせない、ラジオ体操!みんなでラジオ体操第一を元気よくしていきます!!

小学校の頃は夏休みにあんなに踊ったラジオ体操…なのになんだかみんなうろ覚え??

前で見本を見せるスタッフも間違えるもんだから、いつのまにかみんな思い思いのラジオ体操に…

いやいやこれ自由演技のプログラムじゃないよ?!

そしてグラウンドに響き渡る司会の一声

「Believe your self!!!!」

おいおいおいおい、司会が正確さを放棄してどうすんねん!!!!
ということで、早くも暗雲立ち込めるボーダリンピック…

いや楽しそうだけど…!ほんとにみんなプログラムちゃんと参加できるのか…!?

玉入れに綱引きにリレー!38歳、本気出します。

さて、ウォーミングアップが済んだら今度は伝統的な運動会競技に移ります。

玉入れに、綱引きに、リレーと盛りだくさん!

玉入れ初体験の入居者さんははじめは「え?これ投げるだけ??」みたいな反応をしていましたが玉入れを侮ることなかれ。

投げるだけなのに楽しいのです。
なんだかあのネットに入れたくなっちゃうのです。

だんだんとはまっていく競技者たち。

よく見るとひときわ目立っている大人が…。
なになに、あれはボーダレスハウスの社長だと…?

そうです、弊社社長もなぜか参加!38歳、本気で入居者さんに挑みます。
参加者最高齢、なのにもかかわらず綺麗なフォームで次々と玉をかごにシュート!

それを見て、おじさんに負けてたまるかと燃えに燃え、飛び交う赤い玉、白い玉。

しかし、そんな白熱したバトルにも終わりが来ます…!

まさかの社長のチームが108個で大勝利!大人げなくガッツポーズです!

いやいやそこは入居者さんに譲りましょうよ…。

あなたを探してゴールイン。つなぐつながる借り人競争。

続いての見どころプログラムは借り人競争!これはお題にそったひとを参加者から見つけてくるというシンプルなゲームです!

しかしここは国際交流シェアハウス。他とは一味違うお題を設定しています。

たとえば「三か国以上話せる人」や、「10か国以上旅行に行ったことがある人」など!ぱっと見ではわからないけど、それはできると知ったらもっと気になって話を聞いて仲良くなっちゃう交流お題なのです!

そしてその人のおかげでゴールもできちゃう!!
これは親密度スーパーアップじゃないでしょうか?

ゴールした人々はお題について話した過ぎてみんなゴールを忘れちゃうほどでした!

美白どころか、顔面蒼白!?メインは小麦粉まみれの障害物リレー!

そして一番の目玉競技は障害物リレー!パン食い競争やピンポン玉にお玉を乗せて走ったり、よくある障害物のなかでひと際輝いていたのが、小麦粉から飴を探すという日本のバラエティーの定番を今回は障害物の中に入れてみました!

顔を突っ込んだ後は粉まみれ!

最初は恐る恐るみんな飴を探すのでは…??と心配しておりましたが、そんなことはまったくなかった!!このプログラムはチーム戦!チームのために、なんとしてもバトンを繫げるんだ!という強い意志がみんなを白い粉の海へといざないます。

気が付いたらみんな能面のような顔面蒼白に!

そんな怖い顔でバトンを渡そうとしてくるもんだからチームのひとも逃げ惑う!バトンを渡したい能面が暴れまくる障害物競争となりました。

シェアハウスを超えた友情ここに有り。汗を流した分だけ仲良くなれる。

さて、運動会も終わりに差し掛かりいよいよ授賞式です。

最初はシェアハウスばらばらでチームを組んだので、みんな初対面に緊張していたのが嘘のように徐々に応援の声が増えていき、最後の表彰式にはみんな抱き合って喜んでおりました。

そんな参加者をみて感無量の入居者スタッフの皆様…

「やっぱりボーダレスハウスの入居者さんってすごくみんないい人ですね!!イベントスタッフめっちゃ大変だったけどこんなに喜んでくれて、こんなにたくさんの人と出会えて。まじでやって良かったっす…!」

そういった爽やかな笑顔を見せたのは入居者スタッフなのに全力でコスプレして、なぜか個人リレーで優勝した少年Y。

そう言ってもらえてわたしたちも感無量だよ…、ありがとな…!

最後には垣根なく参加者もスタッフもみんなで喜びあえるのがスポーツの醍醐味。

ボーダリンピック、最高にバカやりました!!

次回はクリスマスパーティー!サンタクロースから家賃無料を勝ち取るのは誰だ!?

最後は素敵な汗を一緒に流した仲間たちと最後に記念撮影!
これにてボーダレスハウス初の試み!ボーダリンピック閉幕でございます。

次回のイベントは12月7日!

ボーダレスハウス毎年恒例のクリスマスパーティを今年も開催させていただきます!

今年も大盤振る舞い!

素敵なデートチケットや、フリーレントなどの豪華景品付きの大盛り上がり間違いなしの内容になっています。

ボーダレスハウスは、これからも「繋がり」を最大化できるイベントを続々と計画中です。
世界50カ国以上から入居者さんが集まるボーダレスハウスは、英語はもちろんのこと、他にも様々な言語や文化を体験できる、「国内留学」のできるシェアハウスになっています。
どのシェアハウスでも、日本人と外国人の比率は必ず50%:50%になるよう調整しているので、偏りのない国際交流ができること間違い無し!

あなたもこの機会に、国際交流シェアハウスで「国内留学」を体験してみませんか?

次のイベントはクリスマスパーティー
皆様のご参加を心よりお待ちしております!

ではでは皆様、アディオース!!    

東京シェアハウス一覧         

過去イベントレビュー        

余談:載せきれなかった素敵な写真集

ガチで麻袋リレーする入居者さん。飛脚力とんでもないっす。

とんでもなく清々しいゴール。

本気でパン食いならぬせんべい食いをする若者と台湾からの使者。

景品のJOGGOの皮財布をもらってにんまりする入居者さんチーム。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
written byBORDERLESS HOUSE

  • 入居者メンバーページ