物件検索
物件検索
閉じる

COMPANY PROFILE

会社概要

国際交流シェアハウスで
多文化共生社会をつくる

世界中から集まった若者が一つ屋根の下で一緒に暮らしながら異文化に触れ合う、
それが国際交流シェアハウス「ボーダレスハウス」です。
超多国籍コミュニティの

シェア型住居

留学に来ている「外国人」と、外国に関心のある「日本人」に「保証人や高い初期費用なく入居でき、国際交流ができる住環境」を提供しています。共同生活を通じて家族のようなコミュニティを築いていく中で、国を越えた人と人の相互理解が育まれます。

異文化が混ざり合う共同生活は、楽しいことばかりではなくぶつかり合うことも。そうしてあらゆる時間を共有していくことで、お互いの文化や価値観を深く理解しあえる人間関係を築いていくことができます。

MESSAGE代表あいさつ

多文化共生社会づくりの

”実践者”として
3か国120棟、累積入居者10,000人以上のコミュニティ

日本に来た外国人が家主から断られて家を借りられないという問題に対して、シェアハウスという居住スタイルがまったく浸透していなかった2008年、我々は事業を始めました。今では日本のみならず、同じ課題を抱えるアジア圏を中心に韓国ソウル、台湾台北にも進出し、国内外で120棟のシェアハウスを運営するに至ります。累積入居者数は2018年に、10,000人を超えました。

国籍や人種、宗教など様々なバックグラウンドを持った人同士が直接的な関わりを持つこと。この関わりを生んでいくのがボーダレスハウスの最大の価値です。

事業の先に私たちが目指すのは、「人種や国籍関係なく、お互いのバックグラウンドを認め合える多文化共生社会」です。 今後日本では、ますます多くの外国人の方が定住されることになるでしょうし、そこで大切なのが、彼らが安心して暮らせる住まいと、彼らと共生していく地域コミュニティです。 異文化な環境でお互いを理解するために人が直接交流しあう、僕らのこのソリューションは、これからの多文化共生社会において必要不可欠であると確信しています。

多文化共生社会づくりへの”実践者”として、この国際交流体験を一人でも多くの方に提供すべく、今後も事業展開を加速していまいります。

代表取締役 李 成一

OUR VISION

私たちが目指すもの
人種や国籍関係なく、お互いのバックグラウンドを認め合える多文化共生社会。この社会ビジョンの実現のために、私たちは、相互理解を深めあえる国際交流の機会を提供し続けます。
そして、世界中に、国を超えた人の関わりを、未来の平和の種を育み続けてまいります。
スタッフの紹介ページを見る

OUTLINE会社概要

会社名ボーダレスハウス株式会社
事業開始年月 2007年3月
資本金1,000万円
従業員数38名(東京23名、関西4名、韓国5名、台湾6名)
所在地東京オフィス、大阪オフィス、ソウルオフィス、台湾オフィス
グループボーダレスハウス株式会社は、
ボーダレスグループの一員です。

HISTORYこれまでの歩み

2008事業スタート。1号目として大山ハウスオープン。
2010継続的にシェアハウスをオープンし、運営30ハウス突破。
2011東日本大震災による経営危機を乗り越え、
運営40ハウス突破。
2012業界初の海外進出。韓国ソウルで事業開始。
2013入居者向け無料渡航プログラム
Free House Exchange開始。
2014念願の中華圏へ進出。台湾台北で事業開始。
2015国内事業拡大へ、関西圏進出。
日本、韓国、台湾 総運営棟数100ハウスを突破。
2017京都上賀茂シェアハウスで、地域交流プログラムを本格開始。
2018累計入居者10,000人突破。
東京オフィス
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
大阪オフィス
〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-13-38 西本町新興産ビル822号室
ソウルオフィス
〒04037 ソウル市マポ区ヤンファ路7キル 6-16 4階
台北オフィス
〒100 台北市中正區博愛路25號5樓之13

  • 入居者メンバーページ