物件検索
物件検索
閉じる

NEWS&BLOG

最新ニュース・ブログ更新情報

【ボーダレスハウス京都衣笠】長期出張で国際交流シェアハウス住んだら帰りたくなくなった話

おばんです!ブログ担当のyuyaです!

普段は東京のボーダレスハウスに勤務な私ですが、実は最近まで長期出張で関西に行っておりました。

関西への長期出張ではせっかくだからということで、初めてボーダレスハウスに住んでみたのですが、今回はそのシェアハウス生活がめちゃくちゃ楽しくて東京に帰りたくなくなった話を徒然と書いていきます。

滞在先は8月オープンの新築、ボーダレスハウス京都衣笠

出張で滞在したシェアハウスは鞍馬口から歩いて7分、金閣寺まで歩いて10分で行けるTHE京都!!!のような立地にあるボーダレスハウス京都衣笠

ここは8月にオープンしたばかりの新築ハウスなので、とにかくきれい!

リビングとダイニングが1階と2階に分かれており、ご飯を食べながら交流する時間とくつろぎながらテレビなどを見るなごやかな時間を使い分けることができます。

入居者は最大26名!!

滞在中はオープンしたてで、私が入居した時は10名ほどが住んでいましたが、さすが国際交流シェアハウス(自画自賛)

アメリカ、台湾、韓国、ベトナム、日本とグローバルなハウスメイトに囲まれて過ごしていました。

個人の時間も確保できる!快適なプライベート空間!

ここで私の(勝手に)お気に入り空間ランキング発表!
お気に入り空間第三位は個人の部屋!

その理由は個人部屋がボーダレスハウス史上一番広いこと!!!

そしてベッドがセミダブル!!ここ、yuya的に超重要です。

しかし侮ることなかれ、シェア部屋も最高です。

寝る空間がそれぞれドア付きで分かれており、まるで秘密基地のようなドラえもんのようなわくわく感があります。

初めてシェア部屋をハウスメイトに見せてもらった時の感動は忘れられません。 

リビングやダイニングで交流した後は、のんびり部屋で読書をしたり作業をしてオンオフを切り替えられたので出張での滞在にもかかわらず、すごく居心地がよく、次第にロフトのセミダブルはわたしの癒し空間になっていきました。

快適キッチン、ぬくもり溢れるダイニングでのんびりご飯

ハウスお気に入り空間第二位はキッチン&ダイニング

ここは海外の学生寮を思い出すような温かみのある作りになっています。

通常時でも14人が座れて、多い時には20人以上の人が隣の人の体温を感じながら座れるロングダイニングテーブル!

私の滞在中には帰宅したら必ずハウスメイトのだれかがこのテーブルでご飯を食べたり、勉強をしていて、ご飯を一緒に食べないときでも、だれかとテーブルを囲んで会話しながらご飯を食べたり作業ができたりするので、まったくさみしくなく、むしろ「この時間は誰がダイニングにいるんだろう??」とわくわくしながら仕事から直帰するのがとても楽しみな毎日でした!

ソファは人をダメにする!みんなでくつろぐ魔法のリビング

そしてそしてハウスお気に入り空間第一位はリビング

ほとんどのシェアハウスはリビングとキッチンダイニングが一緒になっているのですが、衣笠ハウスはキッチンリビングが一階、リビングが2階に分かれています。

なので、ご飯を食べたり作業したりはダイニング!
テレビみたり、音楽きいてくつろいだりするのはリビング!
という風に自然とみんなで使い分けするようになって、2階ではみんなでお菓子を広げながら映画パーティーしたのが思い出でした。

(だいぶ幸せそうな顔をしているので隠しておきます)

余談、ここも良きかな衣笠ハウス

余談ですが、わたしのおすすめポイントがあと2つ。1つはお風呂!

シェアハウスは基本シャワールームだけのところが多いのですが、ここは何と足が伸ばせる広々としたお風呂がついてます!お風呂好き必見!! 

しかもここだけの話、水道代やガス代を気にする必要なくいつでも入りたい時間に入れるのは一人暮らしの私にはとってもハッピーな情報でした。

もう1つはおしゃれなギャラリー兼ゲストハウスがご近所にあること!

すごく内装が和風モダンで、素敵な陶器の作品が売られていて購入することもできるのでふらっと立ち寄って作品を見ながらゲストの方と会話するのもなかなか乙な時間でした!

スタッフなのに知らなかった。国際交流シェアハウス楽しすぎんか問題

普段スタッフとして入居者さんと接することはたくさんあったり、ホームパーティーに呼んでもらえたりするので、ある程度いままでは「ボーダレスハウスはまじで楽しいぞ」という実感はありましたが、いやいやしかしやっぱり住んでみるとこら視点が変わります。

”まじで楽しい”ではなく正しくは”超絶まじで楽しい”でございました。

シェアハウスで見るテラハは面白すぎる。

シェアハウス生活といえばやっぱりテラスハウスは避けて通れません。

放送日の火曜日にはみんなでリビングに大集合!ご飯を食べながら見ます!

わたしの滞在期間中は女の子が多かったこともあり、各国の恋愛観と照らし合わせながら「こんなのシェアハウスではありえないよ~」とか「うちの国ではこうだよ~」とああでもないこうでもないと大盛り上がりで見ていました。

しかも最近イタリアの男性が入居したことで、ボーダレスハウスと余計に比べて話が盛り上がります。

「まあ、恋愛に発展するよりも友達がなんやかんや楽しいよね」となってしまうのがボーダレスハウスなんですけどね。

たこ焼きパーティーはもはや王道。これであなたもたこ焼きマスター!

ホームパーティーのド定番たこ焼きパーティー。もちろん滞在中にやりましたとも。

しかもはまりすぎて、なぜか三日に一回やってた週もありました。
ただのたこ焼きパーティーと侮ることなかれ、これがまた国際豊かで面白いのです。

韓国からの仕送りのキムチをハウスメイトが入れてくれたり、いろんな材料を試してみたり。

はじめてのたこ焼きでみんな最初は形がぐちゃぐちゃなのですが、それがまた悔しくてみんな食べることより作ることに夢中になって無言空間。

「作りすぎちゃったね~」とアツアツで食べるたこ焼きは屋台よりも美味しく感じました!

ハウス近くには文化遺産の銭湯が!ハウスメイトと牛乳で乾杯。

衣笠ハウスのハウスイベントはどれも楽しかったのですが、銭湯はマストイベントです。
ハウスの近くには地元に愛されている知る人ぞ知る天然温泉金閣寺湯と有形文化財にも指定されているKING OF 銭湯、船岡温泉

残念ながら滞在中に金閣寺湯に行くことは叶わなかったのですが、ハウスのみんなとたこ焼きパーティーの後に行った船岡温泉は忘れられません。

「韓国にはチムジルバンって銭湯みたいなところあるよ~」とか「ドイツでは男女一緒に入る銭湯があるらしいよ」とかお風呂の中で裸の付き合いをしながら話をすると下世話な話から深いい話まで。

(ほてってるので隠しておきます)

そしてお風呂上りは瓶牛乳で乾杯。
特別なイベントじゃなくてもこんな一日の牛乳が最高においしいです。

シェアハウスが恋しすぎて、一人暮らしに戻れない話

出張期間だけの滞在だったので衣笠ハウスに滞在したのはおおよそ一ヵ月ほどだったのですが、短い期間にもかかわらずハウスメイトたくさんの思い出ができました。

フェアウェルパーティにはみんなでチーズダッカルビ会。
離れ難すぎて出る日の朝4時まで語り明かしておりました。

パーティなどのイベントももちろん楽しかったのですが、一緒にスーパーに行って買い物をしたり、晩御飯を味見させてもらえたり、「おかえり」と迎えてもらえる何気ない日常がすごくあたたかかったです。

まったくもって京都から帰りたくなくなったのですが、心を無にして今は東京に帰ってきております。

衣笠ハウス、わたしが永住したいくらいおすすめなのです!
一ヵ月からボーダレスハウスは入居可能なので、長期出張でシェアハウス滞在もありかもしれません!


ということで、長期出張で衣笠ハウス住んでみた報告は以上です~!!

追記、ポットラックパーティーとオープンデーなるものがあるらしい。

追記、わたしは参加できなかったのですが、衣笠ハウスには毎週土曜日に物件を開放しているので誰でも自由に見学できるとのこと!

しかも月に一回ポットラックパーティーがあり、地域の方もきてくれる交流会もあるので、興味のある方はぜひお立ち寄りくださいませ~!!
(ポットラックパーティー行きたかった~!!)

ボーダレスハウス京都衣笠詳細ページ
関西エリアシェアハウス一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
written byBORDERLESS HOUSE

  • 入居者メンバーページ